効果的な睡眠を!寝るだけダイエット

効果的な睡眠を!寝るだけダイエット


”寝るだけダイエット”と聞くと、寝るだけで痩せることができる夢のようなダイエットだと思いますよね。日常的に行う行為である睡眠をとるということがダイエットに繋がるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。
では、具体的に寝るだけダイエットはどのような方法で行うのか、どのようなものなのか等チェックしていきたいと思います。

寝るだけダイエットとは

名前からして素敵な響きがある「寝るだけダイエット」ですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。
寝るだけダイエットはその名の通り、寝ることで痩せやすい身体をつくっていくというダイエット方法です。

忙しく生活しておられる方々であっても、睡眠時間はある程度確保されているのではないでしょうか。
この睡眠時間について少し意識することで、寝るという行為で痩せることができるとされているのが、寝るだけダイエットです。

寝ている間にもカロリーを消費しているのですが、このカロリーを消費しているのが、「成長ホルモン」です。
この成長ホルモンは若返りを促進するホルモンとも言われていますが、脂肪を分解することができるホルモンでもあります。

成長ホルモンの分泌を促進させることで、痩せやすい身体を作っていくダイエットです。

ただ寝るだけじゃダメ?!

では、ただ単に寝ていれば良いのかと言いますと、そうではありません。
その睡眠には、しっかりとした「質」が求められることになります。

質の良い睡眠をとることによって、成長ホルモンを活性化させることができるのですね。

質の良い睡眠をとるために

質の良い睡眠をとるためには、以下のことに注意する必要があります。

  • 寝る前(2時間以内)に食事をとらない
  • 寝る前(3時間以内)にお酒を飲まない
  • 寝る前にスマホやパソコンを長時間眺めない
  • 朝は日光を浴びて身体を活発にさせておく
  • リラックスできる状態になるように、アロマや照明など工夫する
  • 寝すぎてしまわないように、睡眠時間は7時間にする
  • 成長ホルモンが分泌されやすい午前3時には熟睡している状態に

これらの点に注意して質の良い睡眠をとることができれば、成長ホルモン(痩せホルモン)の分泌が促進されます。

このホルモンの分泌は、寝ている間にずっと行われているわけではなく、寝てから3時間となります。
つまり、寝てから3時間、質の高い睡眠をとるようにすることが大切なのですね。

眠れない!そんな時は・・・

日によっては、どうも眠れないということもあるかと思います。
寝る前に食事を摂ることはNGですが、寝る1時間前くらいに少しだけはちみつを口にするだけで、脂肪燃焼効果や空腹感の抑制などに効果が期待できます。

また、ホットミルクを飲むことも寝付きをよくするためには効果的であり、睡眠の質を高める役割もあります。
ホットミルクにはちみつを入れて飲むことで、普段よりも寝つきがよくなります。

おわりに

寝るだけで痩せる効果が期待できる「寝るだけダイエット」をご紹介しましたが、その効果としてはあまり期待することはできません。
痩せやすい身体を作るためにメカニズムを整えることは大切ですし、そのために質の良い睡眠をとることも大切ですが、あくまでもダイエットの一環として別の方法と一緒に行っていくことがポイントです。

質の良い睡眠はダイエットだけではなく美容にも効果が期待できますので、実践してみることをおすすめします。

参考サイト

http://news.livedoor.com/article/detail/11720079/
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-008.html